診療科・部門のご案内 診療科・部門のご案内

看護部教育・研修

看護部の教育方針

北海道医療大学病院看護部では、個々の看護職が、社会のニーズや個人の能力、ライフサイクルに応じてキャリアをデザインすること、主体的にキャリア開発の目標達成に取り組むことを支援しています。


当院の行動目標として「高度で安全な地域医療の実践」を掲げていることから、地域包括ケアシステムのなかで患者・住民に質の高い医療・介護などのサービスが必要な時に切れ目なく提供されるよう、ジェネラリストとしての看護職員の能力開発に重点を置いています。

看護職員の能力開発

日本看護協会版クリニカルラダーを参考に、大学法人の人事考課制度にもとづいて、目標の実現をはかり、個人の能力開発を支援します。


院内における看護手順の標準化をめざして、看護手順データベース「ナーシング・スキル日本版(エルゼビアジャパン)」を導入し、院内研修、臨地実習指導、医療安全対策に活用しています。院内全ての職種が学べる医療安全研修e-ラーニングツール「SafetyPlus(エルゼビアジャパン)」を活用し、安全文化の醸成の担い手として多職種連携におけるリーダーシップを育成しています。


ナーシングスキル日本版


■研究活動
令和元年度

■教育研修(実績)
平成30年度
令和元年度
令和2年度

■学会研修参加(実績)
令和元年度

外来紹介 病棟紹介 看護外来 専門・認定看護師紹介 北海道医療大学卒業生の声 看護部TOP
pagetop