診療科・部門のご案内 診療科・部門のご案内

リハビリテーション室

診療受付時間
月~金曜
AM 9:00~12:00
PM 1:00~5:00
診療スタッフ
理学療法士/山根 将弘(常勤) 河治 勇人(常勤) 堀本 佳誉(非常勤)
作業療法士/澤村 大輔(非常勤) 木村 恵(非常勤)

 当院のリハビリテーション室は運動器疾患や外傷、各スポーツ障害による身体の痛みや機能障害に対し、症状の改善や機能回復を図り、患者さんの社会復帰をサポートいたします。当院では身体の障害に加えて、患者さんの生活環境や社会・心理的背景を考慮したリハビリテーションを提供しています。

治療は物理療法(温熱療法、低周波、牽引療法)と理学療法士が行う治療を併用して行っていきます。また患者さんの身体機能に合った福祉用具(杖、歩行器など)や住宅改修等の相談も承っております。

当院リハビリテーション室を受診する場合には、当院の整形外科を受診していただきます。整形外科の診察後に、医師の診断により必要に応じてリハビリテーション室の受診をご案内します。
リハビリは予約制です。予約可能時間は担当セラピストとご相談ください。

対象疾患(昨年度治療実績)

  • 肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

  • 腱板損傷(手術・保存)

  • 変形性膝関節症・変形性股関節症

  • 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症

  • 腰痛症

  • 変形性頚椎症、頚椎症性神経根症

  • 肘部管症候群、手根管症候群

  • 脊椎圧迫骨折

  • 運動器不安定症、ロコモティブシンドローム

  • 四肢の骨折(橈骨遠位端骨折、足関節骨折など)

  • スポーツ障害(靭帯損傷、腰椎分離症、オスグッド、野球肘など)

当院リハビリテーション室の特徴

100m2以上の広い空間
入院施設もありますので、各手術後のリハビリテーションも行なっています

物理治療法機器物理治療法機器
充実した物理療法機器
(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波
(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波

CT検査

 運動療法、徒手療法、物理療法、足底板、レッドコードなどを用いて疼痛の改善、スポーツ復帰に向けて治療をサポートします。内科とも連携しているため糖尿病やフレイルなどに対してのリハビリも行います。

物理治療法機器物理治療法機器
超音波診断装置(エコー)
(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波
ルームランナー、エルゴメータ
(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波
レッドコード
(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波(左)頚椎・腰椎牽引装置 (右)マイクロ波、低周波
重心動揺計
スタッフ紹介

 当院は理学療法士3名と作業療法士2名で治療を行なっています。

理学療法士
山根 将弘
(やまね まさひろ)
取得資格
国際マッケンジー協会認定セラピスト(Cred.MDT)
Redcord Neurac1,2(国際認定)受講済
エロンゲーショントレーニング指導者
院外活動
高校野球メディカルサポート
札幌市少年野球肘検診スタッフ
北海道マラソン救護班スタッフ など
教育活動
北海道医療大学生涯学習事業講師
北海道医療大学臨床講師
理学療法士
河治 勇人
(かわじ はやと)
取得資格
北海道医療大学リハビリテーション科学研究科大学院修士課程修了
Redcord Neurac1,2(国際認定)受講済
院外活動
車椅子ラグビーサポートスタッフ など
教育活動
北海道医療大学生涯学習事業講師
北海道医療大学臨床講師
理学療法士
堀本 佳誉(非常勤)
(ほりもと よしたか)

北海道医療大学リハビリテーション科学部 理学療法学科 教授

専門領域
発達障害理学療法学
作業療法士
澤村 大輔(非常勤)
(さわむら だいすけ)

北海道医療大学リハビリテーション科学部 作業療法学科 講師

専門領域
上肢疾患(肘、手など)、ハンドセラピー
高次脳機能障害学
作業療法士
木村 恵(非常勤)
(きむら めぐみ)

北海道医療大学リハビリテーション科学部 作業療法学科 講師

専門領域
発達障害作業療法学
pagetop