診療科・部門のご案内 診療科・部門のご案内

言語聴覚治療室

診療スタッフ
室長/亀井 尚  専任スタッフ/高倉祐樹  
言語聴覚士3言語聴覚士3 言語聴覚士1言語聴覚士1 言語聴覚士2言語聴覚士2

 いろいろな環境で、ことばを理解し、的確かつ明瞭に話すことは、自立した生活を送る上でとても大切です。ことばを理解し、話す・伝えること(コミュニケーション)がうまくいかなければ、社会生活を営む上で様々な不自由が生じることになります。話しことばの理解と表出、声や発音の異常は、幼児から高齢者まで、脳・神経系の疾患(脳卒中他)、奇形や変形(口蓋裂他)、難聴、生活の中での活動状況により起こることがあります。こういった問題には、早期の発見と評価、適時・適切な対応がとても重要です。 お困りのことがありましたら、電話あるいは電子メールで状況をお聞かせください。はじめに、ご本人が診察(耳鼻咽喉科・音声言語外来)を受け、必要に応じて言語聴覚士が音声言語および関連の評価をさせていただきます。その情報を基に、医科・歯科とカンファレンスで協議、治療の選択肢と方針(問題なし、他科・他機関への紹介、訓練・指導、経過観察)を検討させていただきます。なお、訓練・指導については、一定期間での目標設定型、短期集中型など、個人の状態と生活に合わせた方法で対応させていただきます。
私どもは、大学付属病院として、世界的に標準とされる方法での評価と治療を実現すべく、研鑽に努め、心ある診療を実践してまいります。専門スタッフが対応できる障害分野は以下の通りです。

成人分野:言語障害(失語症)、発声発語障害(声の問題=音声障害、発音の問題=構音障害)、きこえの低下とそれに伴うことばの問題、高次脳機能障害(記憶障害等)

小児分野:言語障害(言語発達の遅れ)、発声発語障害(声の問題=音声障害、発音の問題=構音障害、流暢性の問題=吃音)、きこえの低下とそれに伴うことばの問題

薬剤部の主な業務内容

 あなたご自身、あるいはご家族のどなたかに、声、話し言葉(発語)、ことばの発達、こどもの発音、きこえ、成人の言葉、物忘れの問題があるのではと感じたら、以下のチェックリストを使って、どういった状態かを確かめてください。なお、ひとつの項目に該当するからといって、問題かどうかは評価をしてみるまではわかりませんので、ご相談ください。

連絡方法

以下の情報を、電話でお伝えいただければ、受け入れを検討させていただきます。

  • 年齢
  • 性別
  • 原因疾患
  • 症状や問題点
  • 疑問点やご希望
  • 連絡先
リンク
(社)日本言語聴覚士協会
http://www.jaslht.or.jp/
北海道言友会
https://blog.goo.ne.jp/hokkaido-genyukai
北海道言語聴覚士会
http://www.st-hokkaido.jp/
痙攣性発声障害SDの会 JAPAN
http://www.sdnokai.sakura.ne.jp/
NIDCD U.S.A.
http://www.nidcd.nih.gov/
NCVS Iowa U.S.A.
http://www.ncvs.org/
Spasmodic Dysphonia U.S.A.
http://www.dysphonia.org/

※受診の前には必ずご連絡ください。

TEL. 011-778-7679 (言語聴覚治療室直通)

kotoba@hoku-iryo-u.ac.jp 室長 亀井 尚

医療関係者の方へ リハ専門家(ST他)の方へ 言語聴覚治療室TOP
pagetop