看護部

診療スタッフ

看護部長 横田 広子

ごあいさつ

北海道医療大学病院は、北海道の四季を感じられる自然に恵まれた札幌市北区あいの里に位置しています。
 昨今の医療現場におきましては、患者さんを中心に医師や多職種が、それぞれの専門性を活かし互いに連携し、より良いケアを提供するチーム医療が求められています。
 特にその中で最も患者さんに寄り添えるのは看護師であり、医療チームの一員として責任をもち、思いやりのある看護を提供するために日々努力しております。
 また「地域に信頼される質の高い看護の提供」を目指し、専門看護師、認定看護師を中心とした継続教育、看護の専門性が発揮できる職場作りに取り組んでいます。
 看護職員が仕事にやりがいを感じ働き続けることが、患者さん、ご家族へより良い看護を提供できると考えております。

看護部の理念

  1. 患者さん一人ひとりを尊重し、安全で安心のできる看護を提供します。
  2. 医療チームの一員として常に研鑽し、自己の責務を果たします。

看護部目標

  • 患者さんとご家族に、気持ち良く安心できる環境を提供します。
  • 患者さんやご家族と、良い人間関係を築きます。
  • 患者さんやご家族の、意思の表出と自己決定が出来るように、環境を整えます。
  • 患者さんやご家族と、目標と計画が共有できるように、よく相談し実行します。
  • 看護を継続し、他職種と協力します。
  • 専門職業人として、科学的・研究的に取組み、業務を改善します。
  • 常に自己啓発し、看護師としての人間性を高めます。
  • 北海道医療大学病院の職員として、教育に対して支援的な役割を果たします。

看護について

配置基準 入院基本料 10:1
病棟勤務体制
(2交代制)
日勤: 8時45分〜17時
夜勤: 16時45分〜9時15分
看護方式 チーム+一部プライマリー制
入院から退院までケア計画・実践を担当、患者さん、ご家族の希望を尊重しケアしています。
教育 当院は専門看護師・認定看護師が中心となり教育委員と様々な院内研修を企画しています。
新人看護師への教育は、ペアナース制度を基盤として、スタッフ全員で知識・技術面のステップアップをサポートしています。