病院からのお知らせ 病院からのお知らせ

2018.01.23 札幌北高校「職場訪問」報告

1月9日(火)に、北海道札幌北高等学校の「職業体験」を行いました。例年、冬休み期間中に行っているものですが、今年は1年生19名が参加してくれました。

午前中は北海道医療大学や病院の説明、大学病院内の見学を行いました。キャンパス食堂での昼食のあと、午後からはチームに分かれ各部署の職業体験が始まりました。

薬剤部(薬剤師)では、一般の人が立ち入る機会のない調剤室や無菌室を見学し、実習用の注射剤を使った混合体験を行ないました。注射筒と注射針による注射液の混合では緊張感をもった慎重な作業が進みました。その後、病棟薬剤師の仕事についての説明を受けました。
看護部(看護師)では、ユニフォームに着替えて車イスやストレッチャーを使った患者体験や介助体験、入院患者との面談を行いました。
医療心理室(臨床心理士)では、心理学の講義を受け理解を深めました。
リハビリテーション室(理学療法士)では、エコー検査などの経験をしました。その中で、大学の実習生との交流の機会がありキャンパスでの生活などにも触れる機会がありました。

各部署とも積極的に職業体験をする姿勢が感じられましたので、生徒の皆さんがそれぞれに体験した職種について理解を深めていただけたと思います。

また、北市病院長との懇談の時間もありました。病院長は札幌北高等学校の卒業生でもあり、先輩ならではの学生時代の思い出や受験勉強のコツの話となるなど、和やかな雰囲気で職業体験が終了しました。

職場体験に当病院を選んでくれた生徒のみなさん、どうもありがとう。
この職業体験を通して、参加された生徒さんが医療従事者の役割や仕事のやりがいを感じ、将来の進路選択に役立ててほしいと病院職員一同願っています。

(薬剤部 岩尾)

月間アーカイブ

pagetop