診療科・部門のご案内 診療科・部門のご案内

リハ専門家(ST他)の方へ

 専門的な評価と治療、難解な症例でお困りであれば、相談並びにご紹介をいただければ、精査、カンファレンス検討の上で、評価と治療のアドバイスやこちらでの治療を提供させていただきます。

発声発語障害: 耳鼻咽喉科・音声言語外来では、身体所見と神経学的評価、内視鏡での咽頭・喉頭の観察、呼気流量・圧計測が行われ、STでは特別に設定された音声課題での音声の聴取判定とともに音響分析による定性・定量的測定が行われます。

言語障害(失語症): 音声言語外来での診察と失語症検査その他の検査による評価、必要に応じて言語訓練が行なわれます。

言語発達障害: 言語検査と発達検査をもとにした評価、適期には言語訓練・指導が行われます。小児科医による定期的な診察が行われます。

高次脳機能障害: 音声言語外来での診察と総合的高次脳機能検査(知的機能検査、記憶検査、注意・遂行機能検査、構成機能検査)をもとにした評価、注意や記憶の改善を目指した訓練が行われます。

嚥下障害: 摂食場面の観察と嚥下困難の聴取、必要に応じて嚥下造影・嚥下内視鏡を実施し、摂食・嚥下の指導が行われます。

ご紹介いただける場合は、事前にお問い合わせをお願いします。

TEL. 011-778-7679 (言語聴覚治療室直通)

kotoba@hoku-iryo-u.ac.jp 室長 亀井 尚

医療関係者の方へ リハ専門家(ST他)の方へ 言語聴覚治療室TOP
pagetop