医科 医科

脳神経内科

診療受付時間
火曜 PM 1:30~4:30
診療スタッフ
医師/大石 智也

脳神経内科とは、脳(大脳・小脳)・脊髄・末梢神経(運動神経・感覚神経)・筋肉の障害によって起こるさまざまな病気を専門にみる診療科です。

診療の対象となる症状には、次のようなものがあります。

  • 体が動かしにくく、動作が遅い。
  • 他人から歩き方がおかしいといわれる。
  • 手や足に力が入りにくい。
  • 言葉がうまくしゃべれない。
  • 頭痛がくりかえしておこる。
  • 突然、意識がなくなる。
  • 手足が勝手に動いたり、ふるえたりする。
  • 足の先がジンジンとしびれる。

主な病気には、次のようなものがあります。

脳梗塞、一過性脳虚血発作、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、脳炎、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、三叉神経痛、本態性振戦、顔面けいれん、脊髄症、顔面神経麻痺、末梢神経障害、など。

脳神経内科の診療では、まず症状の経過を十分にお聞きします。そして、特殊な診察器具を用いて診察を行います。片足だけの症状でも大脳に原因がある可能性がありますので、頭から足先までの詳しい診察を行います。

十分な診察により症状の原因となる病気を考えて、必要に応じた検査を行います。症状、診察、検査により診断をつけて、その診断のもとに治療を進めていきます。脳神経内科の治療では、薬物治療が主体となります。

担当医師

大石 智也大石 智也

医師大石 智也(おおいし ともなり)

所属学会・資格
一般社団法人日本神経学会認定神経内科専門医
一般社団法人日本内科学会認定内科医
pagetop