薬剤部

診療スタッフ

薬剤部長 遠藤 泰  薬局長 岩尾 一生  主任 及川 孝司

<患者のみなさんへ>

■ 院外処方せんの有効期限(外来患者さんへ)

処方せんの有効期限は、処方せんの交付日(受け取られた日)を含め4日と 定められています。4日間のうちに、院外の保険薬局にお持ち下さい。 処方せんの有効期限は、土日や祝祭日も含まれますので、ご注意下さい。

■ お薬手帳について

お薬手帳は、薬どうしの飲み合わせや同じ薬の重複(ダブリ)を薬剤師に調べてもらうのに有効です。 また、過去に経験した薬のアレルギーや副作用を手帳へ記録することで、同じ薬による副作用やアレルギーを 未然に防ぐことができます。外来受診時や入院時には必ず持参して、医療スタッフへお見せ下さい。

<薬剤部の主な業務内容>

■ 調剤

主に入院患者さんの薬について調剤を行っております。患者さんの薬の管理状況などに考慮し、 最適な剤型や調剤方法を選択し、十分な説明を行った上でお薬を提供するように努めています。 また患者さんの服薬状況に応じて、服用時間毎に薬を配薬トレーにセットするなど、配薬管理も 担当しています。外来患者さんのうち、むし歯予防のフッ素 うがい薬については、院内で調剤し、お薬渡し口よりお渡ししています。また、患者さん自身で 血糖値を測定するときに使用される穿刺針、電極、酒精綿などもお渡ししています。

■ 注射薬調剤

入院患者さんの注射薬について、用法・用量、配合変化、相互作用などの処方内容を 確認した上で、患者さん個人毎に注射薬を1回分ずつ調剤し、病棟へ供給しています。

また、口から栄養(食事や栄養剤)を摂ることができない患者さんへの高カロリー輸液や、 がん治療に用いられる抗がん剤を無菌的に調製しています。

■ 院内製剤

市販化されていない薬(院内製剤)を、医師や歯科医師の指示に基づいて調製しています。

  • 耳鼻咽喉科:ブロー氏液、鼓膜麻酔液
  • 眼科:4%食塩点眼液、0.5%バンコマイシン点眼液
  • 皮膚科:20%水酸化カリウム液、20%塩化アルミニウム液
  • 歯科口腔外科:ドライマウス用含嗽水
  • 手術室:2%ピオクタニンブルー液

■ 医薬品情報管理

院内で使用される薬を中心に、薬に関する様々な情報を収集し、 医療スタッフからの質問や相談内容に対応しています。少人数での業務のため、 インターネットを活用して情報を収集しています。

  • 主な情報源
    • PMDAメディナビ
    • SAFE-DI
    • ほくやくDI
  • 院内情報誌の発行
    • 医薬品集(2年毎の改訂)
    • Drug Information News(月1〜2回発行)
    • 処方/注射オーダリングニュース(月1〜2回発行)
    • 院内Web「薬剤部からのお知らせ」による情報提供(随時更新)

■ 医薬品安全管理

当院では、平成19年4月より院内に設置が義務づけられた「医薬品安全管理責任者」 を薬剤師が担当しています。具体的には、毎月院内を巡回して安全管理の面から薬の 管理状況を見直したり、職員に対して講習会を開催したりと医薬品の安全対策に取り 組んでいます。

■ 病棟業務

当院は24床、歯科、内科、眼科、整形外科の混合病棟です。病棟に薬剤師を配置し、 入院患者さんの薬物療法に積極的に関わっています。入院患者さんへの服薬指導のほか、 病棟カンファレンスへの参加など、多職種と情報交換を行いながら、 より良い薬物療法の提供に努めています。

  • クリニカルパス(診療や検査の計画表)による治療
    • 内科:糖尿病教育入院
    • 眼科:白内障、翼状片、加齢黄斑変性
    • 歯科口腔外科:顎変形症、口腔インプラント

■ チーム医療

糖尿病療養指導チーム 糖尿病教育入院(対象患者入院時)、外来糖尿病教室(年4〜5回)
カンファレンス(月1回)
感染防止対策チーム(ICT) 抗菌薬ラウンド(週1回)、環境ラウンド(週1回)
連携病院の感染制御部とのカンファレンス(年4回程度)
リスクマネジメント部会(月1回)

■ 学生教育

薬剤部では、薬学部を中心に全学的に実習生を受け入れています。

  • 学内
    • 薬学部第5学年 長期実務実習
    • 歯学部第2学年(「患者学入門」の一環)
    • 看護福祉学部第1学年(「臨床福祉学科ソーシャルワーク入門実習」の一環)
    • 看護福祉学部第3学年(「臨床福祉学科ソーシャルワーク実習」の一環)
  • 学外
    • 医療福祉系専門学校(「社会福祉士相談援助実習」の一環)
  • 実習生との共同研究成果
    • 顎変形症手術の患者さんにおける含嗽剤の適正使用に向けた取り組み, 北海道病院薬剤師会誌,73,13〜15(2007).
    • 連載クリニカル・パスと薬剤師 計画と実践のノウ・ハウ 「顎変形症手術のクリニカルパスにおける薬剤師の関わり」, 医薬ジャーナル,44,1992〜1998(2008).
    • メトグルコR錠採用前後におけるメトホルミン塩酸塩の投与量の推移と腎機能 との関係,北海道病院薬剤師会誌,83,19〜21(2012).

■ 研究活動

薬剤部のスタッフは、本学薬学部 実務薬学講座(病院薬学)に所属しており、 日常の薬剤業務から見出された問題点や疑問点の解決あるいは薬物療法の安全確保や 質向上を目的に、部内のほか、院内や学内外の医師、歯科医師、薬剤師の先生方と 共同で研究に取り組んでいます。

研究概要はコチラから

■ 資格認定等

  • 施設認定
    • 日本医療薬学会 認定薬剤師制度・認定施設
    • 薬学教育協議会 薬学生実務実習受入施設
  • 資格・認定等
    • 博士(薬学) 2名
    • 修士(薬学) 1名
    • 日本臨床薬理学会 指導薬剤師・認定薬剤師 1名
    • 日本医療薬学会 指導薬剤師・認定薬剤師 1名
    • 日本歯科薬物療法学会 認定薬剤師 1名
    • インフェクションコントロールドクター(ICD制度協議会) 1名
    • 日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士(CDEJ) 1名
    • 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 3名
    • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 3名
    • 日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 3名